ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

絶対音感とは。身につける方法は?ピアノを習う4歳男の子の現状【動画あり】

3歳からリトミック、4歳からピアノを習っているうちの4歳10ヶ月次男。

ふと「そういえば、絶対音感って身に付いているんだろうか!?」と思いつきました。

ピアノを習ってはいますが、「絶対音感をつけさせるぞ!」という目的でのトレーニングは特にしていません。

ピアノを習わせていれば、自然に「絶対音感」は身に付くものなのでしょうか。

 

結論は・・・・

適切な時期(幼少期)にピアノを習えば、絶対音感は身に付きます!

 

動画を撮ってみました。

お兄ちゃんが目隠しをして、弟に問題を出しています。 


【絶対音感】テスト4歳10ヶ月

 

お兄ちゃんと、父・母で「おお~~~(パチパチパチ)」となりました。

次男以外は絶対音感は無いので、びっくりです。

厳密に言うと、まだ完全に絶対音感を身に付けたとは言えないのですが(後述)、絶対音感習得の兆しがしっかりあります!

 

ここで疑問が2点。

厳密に「絶対音感」とはどういったものなのでしょうか!?

いつまでにピアノを習わせれば身に付くのでしょうか?

 

 

 

絶対音感とは

音楽と女の子


絶対音感とは、他の音と比べなくてもその音の高さを言い当てられる力の事です。

ピアノの鍵盤の「ドレミ」を言い当てられる力ですが、厳密にはピアノの黒鍵(#や♭)も含めた88鍵すべてを言い当てられる事を指します。

 

我が家の次男は、まだ#や♭は学んでいないので、おそらく理解していません。
まだ理解できていないので、完全に絶対音感が付いたとは言えないですね。

また、他のYou Tubeの映像を見てみると、和音で音を当てさせるテストもよく見かけます。今度やってみようと思います!

 

ちなみに絶対音感に対して、相対音感と呼ばれるものもあります。

相対音感とは、基準の音を聞けば、別の音を言い当てられる力の事。例えば最初に「ド」を聞いて、基準の音とどのくらい離れているかによって音を認識します。

 

絶対音感が身に付くのはいつまで!?

ピアノを弾く女の子


絶対音感は小さいうちにしか身につかないと言われています。

なぜなら、聴覚の臨界期は4~5歳に訪れるからです。

※臨界期・・・ある能力を身につけるための最も適切な時期。その時期を逃すと習得できるものに限界があります。

絶対音感を身に付けさせたい場合は、この4~5歳までの時期に適切なトレーニングをさせることが効果的です。

一度身に付いた絶対音感は消えてしまうこともあるので、継続してトレーニングすることが重要です。

 

絶対音感を身につけるトレーニングとは

空と音符


特別なトレーニングでなくても、幼少期にピアノを習うことで絶対音感は身に付きます。

他の楽器でも絶対音感は身に付きますが、ピアノは絶対音にダイレクトに触れられる楽器なのでおすすめです。

 

また、絶対音感習得のための特別なプログラムを受けることも、もちろんおすすめです。

音楽教室へ通うことが1番の近道ですが、市販のDVDや本にも、絶対音感習得のためのメソッドがあります。

 

音楽教室に通う

やはり、専門の先生に付いて、リトミックやピアノを習うことが一番です。

ここでひとつご紹介。

幼児教育やリトミック・ソルフェージュなどにも力を入れている、レベルの高い音楽教室がこちら「小林音楽教室」。東京にあります。

幼児~シニア、初心者~音大受験生まで、あらゆる年代・目的の方が目標を持って楽しく学べる音楽教室です。

東京最高峰の絶対音感教室《小林音楽教室》

体験レッスン申込みもできますよ! 

 

【DVD】を聴く

『ソングオブEQ』

 

音楽教育の第一人者の先生方も絶賛!幼児向け「脳と心の音感教育」
DVDなので、かけ流しでも学べますね!

 

【本】を参考にする

『子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方』

1回たった1分のメソットで絶対音感が身に付きます。

1分だけなら、親の負担もなく始められます!

 

 絶対音感が身に付くとどうなるの!?

人の話し声や自然の音までドレミで聞こえてしまうという、すごい絶対音感の持ち主もいるそうですが、そこまで分かる人は本当にまれです。

 

絶対音感があれば、楽譜が無くても音源があれば演奏できたり、他の楽器の習得にも役立ちます。

楽譜の読みも早く、オーケストラの曲でも楽器別に音が聴こえたりするそうです。

 

さらに、絶対音感は脳の発達に良いとされています。

IQや記憶力が上がったり、語学力や集中力が身に付くと言われています。

勉強、特に英語の習得に役立つというのは、とても嬉しいですね!!

 

まとめ

幼少期からピアノを始めると、音感は育ちます。

絶対音感や相対音感の習得はピアノを習えば自然に身に付いていきますが、どうしても絶対音感を身に付けさせたい場合は、特別なプログラムに取り組むことをおすすめします。

絶対音感が無くても音楽は楽しめますが、メリットも多いので、小さいうちに意識して習得を目指すのも良いのではないでしょうか。

 

最後までおよみいただき、ありがとうございます。

 

※画像はphotoACより