ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

子供から大人まで【基礎英語】のかけ流しがおすすめです!

みなさん、小さな子供に「英語のかけ流し」がおすすめな理由を知っていますか?

聴いていてもそうでなくても、かけ流す。

英語をただかけ流すだけで英語を聴き取る力が育つと言われています。

 

聴覚や言語能力の臨界期はとても早くに訪れるといいます。

臨界期とは

りんかいき【臨界期】

発達過程において、その時期を過ぎるとある行動の学習が成立しなくなる限界の時期。

出典 三省堂

 

一般的に各能力の臨界期は以下のように小さなころに訪れるといいます。

  • 言語能力:0~9歳
  • 絶対音感:0~4歳
  • 運動能力:0~4歳
  • 数学的能力:1歳~4歳

 

ピアノを習うにあたって身に付けたい絶対音感や、英語の習得にあたっては、ちいさなころ(臨界期)にどれだけ脳を刺激したかが重要です。

この期間を逃してしまうと、習得できるものに限界があるとまで言われています。(臨界期仮説)

 

 

なかなか時間をとるのが難しかったり、英語教室へ通う費用が厳しかったり。

そんな場合でも、CDのかけ流しだけなら大きな負担なく子供に良い刺激を与えられます!!!

 

AIスピーカー

photoBさんによる写真ACからの写真)

 

 

その英語のかけ流しにおすすめなのが、「基礎英語」です!

 

我が家の場合、中学三年生の長男には当然素晴らしい教材であることは確かですが、保育園児の4歳も一緒になって聞いて、時にはCDの講師に促されるまま発音しています!

CDの最初の方は特に、発音について丁寧にわかりやすく説明があるので、テキストが無くても全く問題ありません。

 

特に幼児の場合、本格的な英語の勉強の前にこういった英語のCDをかけ流して普段から英語に触れることは、とても将来の英語学習に有効だと思います!

 

時間がない、お金もかけたくない、という方には、「NHKラジオ基礎英語」は、ぜひおすすめです!!

幼児から大人までわかりやすい内容ですし、1つのレッスンは15分と短めで取り組みやすくなっています。

 

 

 

かけ流しをおすすめしましたが、出来る方はぜひテキストを購入のうえ、毎日15分だけ頑張ってみて下さいね

 

我が家では今のところ聞き流しですが、時間のある土日だけでも挑戦していきたいと思っています♬

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!