ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

楽譜を貼るのにおすすめのスクラップブックを紹介!失敗談もあります。

こんにちは!虹です。

 

今回は、楽譜を貼るのにとってもおすすめなスクラップブックを紹介いたします!

失敗談もありますので、ぜひお読んでいただいて参考にしてもらえると幸いです。

 

楽譜を貼る理由

f:id:nijinomama:20190822074558j:plain

ぺらぺらの楽譜をそのまま使っていると、

  • 練習時に、ひらひらと床に落ちる
  • 使っている間にぐちゃぐちゃ・シワシワになってしまう

といことに成りかねません。

楽譜を貼るための台紙として、主に使われるのがスケッチブックとスクラップブックです!

 

まずは、失敗談

まず用意したスケッチブックが、こちら。

f:id:nijinomama:20190816140504j:image

マルマン スケッチブック アートスパイラル S313-33

【サイズ】縦217mm×横272mm

表紙が厚紙になっていて、しっかりしています。

何より、デザインも素敵!

楽譜を貼るのも楽しくなりそうです。

 

ピアノを習う次男(4歳)は、まだ小さいので、1曲を短い小節に区切って少しずつ練習予定です。

そのため、楽譜をちょきちょき切って、このように貼りました。

f:id:nijinomama:20190902220455j:image

うん!いい感じ! 

ついでに、前回のコンクールの曲も貼りました。

f:id:nijinomama:20190902220504j:image

こうすると、思い出のスクラップブッキングのようにもなりますよね!

終わった楽譜には、その時の子供の写真を貼るのもいいなぁと思いました。

 

これからたくさん楽譜を貼って練習して、大きくなったら「こんな時もあったなぁ」「頑張ったなぁ」と振り返るのが小さな夢ですね♬

 

・・・と、ここまでは良かったのですが、

新たにもらったコンクールに使用予定のA4縦型楽譜を貼ってみると、

f:id:nijinomama:20190902220511j:image

いえね、はみ出るのはわかってました。はい(汗)

折り曲げればいいかなぁ。。。って。

でもやっぱり、不都合でした(あたりまえ?)

折り目がつくのは良いとして、やっぱり自然と閉じてきてしまって見づらいです。

 

こちらのシリーズで、もっと大きなサイズがあるのですが、表紙がしっかりしている分ちょっと重めです。

とてもおしゃれで素敵なスケッチブックですが、楽譜を貼るには不向きと言えます。(本来の用途どおりスケッチブックとして活用します)

 

そこで、もっと使いやすいものを探し出しました。

見つけたのが、これです!!

楽譜を貼るのに最適!スクラップブック

 コクヨ スクラップブック スパイラル綴じ 固定式 A4

f:id:nijinomama:20190820215813j:image

【サイズ】A4 縦310mm×横242mm×背幅20mm

【材 質】表紙:板紙、中紙:クラフト紙

【枚 数】40枚

f:id:nijinomama:20190902220529j:image

はい!ピッタリです!

 

POINT
  • A4の楽譜を切らなくても貼れる
  • 軽くて持ち運び便利
  • めくりやすい
  • しっかり開いた状態になり、スタンディング状態が良い
  • 注意書きが書きやすい
  • スパイラル部分が表紙の中なので、ピアノが傷ついたりしない。

 

この商品、購入した方のレビューを見てみると、なんと大半の方が楽譜のコピーを貼ることに使っていました!しかも満足度高め!

 

スケッチブックやスクラップブックのA4サイズは、コピー用紙のA4サイズにピッタリすぎる場合もありますが、こちらの商品はA4サイズよりほんの気持ち大きめなのが特に高ポイントです! 

色は、青・赤・黄・茶があります!

 

ずっと同じシリーズで使っていければと思っています!

 

以上、楽譜を貼るのにおすすめのスクラップブックの紹介でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。