ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

男の子がピアノを弾けるとかっこいい!?ピアノ男子を目指して!

こんにちは!虹です。

我が家の4歳の男の子。ピアノを習い始めて約7ヶ月となりました。

※この記事は、2019年11月にリライトしています。

 

女の子でも男の子でも、ピアノが弾けることはとても素敵なことですが・・・

 

男の子だと、よりかっこいい!ってなりませんか!?

わたしはなります。はい(*´艸`*)

 

それっておそらく、ギャップ萌え!?ですよね。

 

幼児期・小学生ですと、普段やんちゃな男の子がしっとりピアノを弾くかっこよさ。

中学生くらいだと、「えっ!?あの子がピアノ弾けるの!?」といった驚きと尊敬。

 

そんな羨望のまなざしを受けることができるかもしれないのです!

そんなかっこいいピアノ男子を目指し、我が家の次男、日々練習に励んでおります。

 

またピアノを習うことは、ほかにもメリットがたくさんあります!

 

 

ピアノを習うメリット

ピアノを弾く男の子の手

楽譜が読めるようになり、音感やリズム感が育つ

ピアノを習えば楽譜が読めるようになりますし、リズム感や音感が育ちます。

楽譜が読め、リズム感や音感が育つという事は、

  • 音楽の成績は心配いらず!
  • 他の楽器を始めたいとき、導入しやすくなる!
  • リズム感の向上は、スポーツにおいても有利!

という利点があります!

 

音楽が苦手だと、音楽の成績を上げるのはちょっと大変です。
かといって、5教科以外の勉強に時間を割くのもつらい。
ピアノを習っていれば、音楽の成績は自然とばっちりなので、心配いりませんね!

 

また、将来吹奏楽部に入ったり別の楽器を演奏したくなった時、楽譜が読めるのでスムーズに始めることができます。

 

ピアノ男子のギャップ萌えを狙うなら、ぜひスポーツも得意でありたいところ。
スポーツ出来ない男子がピアノ上手だったとしても、ギャップが小さくなっちゃいます(笑)

ピアノを習うことによってリズム感が育ちますが、実はスポーツをやる上でもリズム感は大切です!リズム感あれば、スポーツの上達にもつながるのです。


体育会系男子がピアノを弾く・・・確実にかっこいいですね!

 

脳に良い効果がある

楽譜を見ながらピアノを弾く男の子

ピアノを弾いている時は、脳がフル回転しています。
楽譜を見て瞬時にドレミを判断し、両手を動かし、足を使うこともある。
かなり高度な動きです。

ピアノの練習をすることで脳神経が鍛えられ、記憶力の向上など勉強に良い効果が得られると言われています。

 

またピアノと言えば「毎日レッスン」が基本。

毎日コツコツ努力してピアノに向かう習慣が、忍耐力や集中力を育て、将来は机に向かう(勉強)という行動にスムーズにいくと考えられています!

 

度胸がつく

グランドピアノを弾く男の子

ピアノといえば、発表会やコンクールといった「人前で一人で演奏する」機会が多々あります。

「緊張を乗り越え練習の成果を人前で披露する経験」は自分に自信を付けますし、度胸がつきます。

緊張に強くなる・度胸がつくという事は、将来長年にわたって様々なシーンで有利です。

学校で、人前で堂々と話せる男の子、かっこいいですよね!

 

ピアノを習うデメリット

毎日の自宅レッスンが負担

小さい頃は特に、親が付きっ切りで自宅レッスンする必要があります。
しかも、ピアノは毎日練習しなければ、なかなか上達にはつながりません。
親子ともに強い意志が必要となります。

毎日の練習時間を決めて、習慣がつくまでは、頑張りどころです。
我が家ではコンクールに挑戦するなどして、モチベーションをアップしています!

 

経済的負担

どんな習い事にも経済的負担はありますが、ピアノの場合は月謝以外の費用も結構かかります。

例えば以下のような費用があります。

  • 発表会やコンクールの参加費用
  • 発表会やコンクールの衣装代
  • 教本・楽譜代(実費)
  • 追加レッスン代(コンクール前など)

 

コンクール参加は、子供の性格や先生・保護者の考え方で参加の有無を決めれば良いです。
発表会は、ぜひピアノを習うメリットの1つ「人前で演奏することで度胸がつく」のでぜひ参加してもらいたいです。

発表会では衣装が必要なので、衣装代が必要ですね。

そして教本や楽譜代も、月謝と別の場合が多いので負担となります。

 

 ★参考記事★

www.nijinomama.com

 

ピアノ(電子ピアノ)が自宅にあることが必須

当然ですが、自宅にピアノ(電子ピアノ)があることが必須です。

中古のアップライトピアノや、電子ピアノなど、選択の幅はいろいろあります。

我が家は、25万円程度の中古アップライトピアノを購入しました。

4歳の子供のために25万円のピアノはかなり思いきりが必要でしたが、購入したことで「無駄にしないためにもレッスンを頑張ろう!」という気持ちになりました!

 

おわりに

ピアノを習うメリット・デメリット、参考にしていただけたら幸いです。

あなたも、かっこいいピアノ男子を目指してみませんか!?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。