ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!ピアノレッスンとそれを支える家族のおはなし。

本格的なピアノレッスンに入る前に!「音符ビッツ」で音感を育てる。

こんにちは!虹です。

 

次男、ピアノを4歳から始めましたが、、、

実は、3歳からいわゆるリトミックをやっていました!

そのリトミックは、「音符ビッツ」というもの。

通っているピアノ教室が取り入れているものでした。

 

その「音符ビッツ」についてご紹介したいと思います。

 

「音符ビッツ」とは

具体的には、音符カードやCDを使って、譜読みやリズム感などを勉強します。

4歳次男も、抵抗なく楽しくレッスンを進めることができました。

「音符ビッツ」の特徴とは

特長としては、目と耳を同時に刺激する「音楽による脳開発」でしょうか。幼少期における視覚と聴覚の臨界期(1番伸びる時期)を知り、最適な時期に絶対音感、譜読み力、リズム感などを伸ばしてあげると一生の宝になるような能力が育ちます。
音符ビッツメソッドは、脳の前頭前野(意欲づくり、想像力、コミュニケーション能力などを司る重要な部分)を向上させるのにとても効果があります。想像力は「感性」「知性」「意思」の3つが基礎となって生まれます。音符ビッツを通し、豊かな心と脳を育んでいくことが私の願いです。

(アサフ音楽院HPより)

 

つまり「音符ビッツ」を学べば、絶対音感や譜読力、リズム感が育ち、豊かな心と脳を育むことができるのです!

 

「音符ビッツ」メソッド

オリジナル教材音符ビッツカードとCDを使って、様々な遊びを伴った学習ができるメソッドです。音符ビッツには、音楽の3要素であるメロディ、和音、リズムのビッツカードがあって、成長段階に応じたプログラムが組まれています。
目で視る、耳で聴く、手でめくりながら口で読み、または歌う、をリズムにのって繰り返す。この全脳を使う学習法は抜群の集中力と記憶力を育て、音感や譜読み力が、ぐんぐん身につくのには驚かされます。
単純なカードから無限大の遊びが生まれ、ユーモアの中から創造性がわいてくるこの不思議な音符ビッツメソッドには、子どもも大人も思わず集中してしまう魅力があるのです。
また、ピアノへの導入として、その後のソルフェージュ学習として、この音符ビッツの下地があるととてもスムーズに進むことができます。

(アサフ音楽院HPより)

 

※ソルフェージュとは、楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことです。

 

「音符ビッツ」はカードやCDを使い、遊ぶように学習ができます。

実際に、次男も楽しく抵抗なく「音符ビッツ」で学ぶことができました! 

 

教材

我が家で実際に揃えた教材は、こちら。(この他にCDあり)

f:id:nijinomama:20190703170116j:image

 

【音符ビッツカード】(写真一番上)

CDに合わせてカードをめくり、ドレミ、ミレド・・・など音符を読む

 

【どうぶつリズムビッツカード】

四分音符は「わんわん」(犬)、二分音符は「めえ~めえ~」(羊)などとして、リズムを理解する
 
【くだもの和音ビッツカード】
ドレミ=りんご、ドファラ=みかん、シレソ=ぶどう、として3つの和音を覚えます。

  

これらの教材を使い、1年間教室でレッスンを続けました。

自宅でもCDを聴いたり、カードをめくったりと、毎日ではありませんが練習を重ねました。

 

「音符ビッツ」を1年やった効果

そして、現在の練習の様子


「音符ビッツ」でドレミ覚えました☆

 

あれ?ちょっと音痴??な感じですが、

ドレミはちゃんと覚えました!!

正直、カードの順番をドレミで覚えてしまっているのですが、ちゃんとランダムに出しても理解できています(*^-^*)

 

これを1年続けてからピアノに入ったことで、楽譜が読め、スムーズに練習に入れたと思います!

 

ちなみに、今挑戦しているのがこちら、

f:id:nijinomama:20190703170220j:image

 

どん!

すごい分厚さ!

f:id:nijinomama:20190703170233j:image

これをすらすら言えるように、練習中です!

年長にあがるころまでには全部すらすら言えるようにすることが目標です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!