ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

子供にピアノの練習をさせる効果的な方法とは!

こんにちは!虹です。

 

次男がピアノのレッスンを開始してから約3か月と少し。

ほぼ毎日、少ーーしずつですが、ピアノに向かっています。

f:id:nijinomama:20190713092059j:image

 

ピアノの上達には、教室へ通うだけでなく、家でのレッスンが必須です。

でも、まだ小さい子供にピアノの練習をさせるのって、なかなか大変ですよね(´Д⊂ヽ

 なぜなら、

  • 集中力はなし!
  • こっちの求めることをしようとしない
  • すぐに席を立つ
  • そもそもピアノを弾くことを嫌がる 

全くスムーズにはいきません(ノД`)・゜・。

 

そこで、 小さな子供にピアノを練習させる効果的な方法について、考えてみました。

参考にしていただけたら幸いです。

 

  

練習時間を決める

 ピアノを始める前に、タイマーをつけ、「これが鳴ったら終わりだよ~!」と告げます。

まだ時計も読めない次男にも分かりやすかったようで、素直に練習を始めてくれます。

 

まずは10分からスタート。

時々椅子から立っちゃったりした場合は「タイマー一旦止めるよ!」どおどす(笑)

 

そのかわり、タイマーが鳴ったら即終わり!

だらだら練習を続けなくてよいことが、子供の気持ちをラクにしたようです。

これをしばらく続けたことで、ピアノに向かう習慣が付いてくれました!

 

ご褒美シールやスタンプを押す  

  • 5回弾いたらスタンプ1個押すよ! とか
  • 〇分練習したらシール1枚貼るよ! など

そしてシールやスタンプがいっぱいになったら、ご褒美がもらえるシステムが効果的です。

我が家の場合は、100均のおもちゃ買ってあげる約束になっています。

 

スタンプやシールの台紙は、ネットから検索でいろいろ出てきますが、カレンダーを利用するのも手です!

 

小さなご褒美作戦

シールやスタンプでご褒美をもらえるには日数がかかるので、その日練習がんばったら、小さなご褒美もあげています。

最近の我が家のおすすめはコレ!

f:id:nijinomama:20190713071521j:image f:id:nijinomama:20190713071538j:image

 

お祭りとかで使われるような駄菓子なのですが、家庭用に買いました。

 

1個あたり10円もしないお菓子ですが、くじ付きなところも子供には大うけ♫

ちなみに中身はベ〇ースターみたいな感じです! 

コレ欲しさにまんまとピアノに向かう次男でした(笑)

 

目標を決める

次男の場合は現在、目標として「コンクールでトロフィーをもらう!」を掲げています。

目前にコンクール等イベントが無い場合は、教本の〇〇ページまで行く、毎日〇〇分練習する!などでも良いと思います。

ピアノ教室では、それぞれみんなが目標を紙に書き、顔写真とともに飾ってあります。

目標を見える可することで、モチベーションのアップにつながります。

 

やはり決め手は親の忍耐力!

やはり親が忍耐強くレッスンに付き合うことが必要です。

幼児のピアノレッスンは、親がつきっきりになる必要があるので大変。

それでも、決して叱らず、褒めまくって気分を乗せるのが鉄則です。

 

一度練習を始めたばかりのころ、指の形が気になって注意ばかりしてしまったら、ピアノに向かうのを嫌がるようになってしまいました。

 

あまり高望みせず、楽しくピアノに向かってもらう事を第一に、大らかな優しい気持ちでレッスンに臨みましょう!

 

私の場合、あまりにもイライラした時は、一度ピアノと子供から離れます。

そうすると大抵子供の方から寄ってきて、またピアノを弾いてくれます。

 

終わりに

以上、私の考える「小さな子供にピアノを練習させる方法」でした!

参考にしていただけましたら幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!