ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!ピアノレッスンとそれを支える家族のおはなし。

【幼児のピアノレッスン】現在の教本と、毎日ピアノを弾くことについて。

こんにちは!虹です。

 

4歳次男、先日グレンツェンピアノコンクールを終えたばかり。

それから今後のコンクール等参加予定を決めたのですが、まだ楽譜を受け取っておらず、今は基礎練習をしています。
nijinomama.hatenablog.com

 

現在の教本

こちらの教本を使って基礎練習をしています。

f:id:nijinomama:20190805201303j:image

 

こちらは、以前ご紹介した「音符ビッツ」のピアノ教本です。
nijinomama.hatenablog.com

 

メトロノームに合わせて、右手で18小節の音階を弾いていきます!

 

POINT
  • 指の形をまるく、きれいに弾くこと
  • メトロノームのリズムに合わせること
  • 5の指(小指)で弾くときは弱くなりがちなので、手を広げないで弾き、しっかりした音を出すこと

 

以上のポイントに気を付けて弾いていきます。

 

今現在、こんな感じ↓↓

※普通の4歳なので、お耳汚しすみません


【4歳4ヶ月】音符ビッツ音階練習中

 

まだまだメトロノームに合っていないし、最後失敗してるし・・・(^-^;

これから少しずつ上達できるように、繰り返し練習したいと思います!

 

毎日の練習について

我が家の次男は、朝と夜に15分程度づつ練習していますが、1度に30分練習するより効果があるように感じます。

そもそも幼児の集中力は短いですし、だらだら長く練習してもかえってうまく弾けないことも。

疲れてやる気のない状態でだらだら長く弾くより、15分という短い時間といえどもしっかり集中して練習するほうが効果的です!

次の練習の時にはレベルアップを感じられることがあります。

また、練習時間が短いので、1日に2回ピアノに向かおうという気になってくれます。

 

我が家では、保育園の支度が終わった後、晩御飯のあとピアノの練習をする習慣が自然とついてきました!

 

どちらか一方の時間が出来ない場合でも、1日の中でもう1回チャンスがあります。

幼児の場合は5分だけでも毎日ピアノに向かうことのほうが大事だと思うので、短い時間の練習を複数回する習慣は、とってもおすすめです。

 

継続は力なり!ですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。