ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!ピアノレッスンとそれを支える家族のおはなし。

親(保護者)がステージへ上がって足台設置!手順と服装【幼児のピアノコンクール】

ご存知でしたか?

 

ピアノコンクールでは、保護者が舞台へ上がってピアノの足台(補助ペダル)を設置しなければならないことがあります!!

 

私は知らなかったので、びっくり!

 

  • 足台設置の手順は?
  • ステージに上るなら、服装はどうしよう??

 

そんな疑問にお答えします!

 

https://2.bp.blogspot.com/-2oFni3YGlwk/V2ucKHs0rlI/AAAAAAAA7v0/UD2g3BH5qgsT0E2z9Jdej4ESvFH-4CGkwCLcB/s800/music_piano_hojo_pedal.png

足台を保護者が設置するコンクールは

保護者である私が「ステージへ上がって足台を設置」しなければならなくなったコンクールは、『グレンツェンピアノコンクール』です。

www.nijinomama.com

 

このコンクールでは、通常(2019年地区予選の場合)は主催者側の足台を借りることができ、係の方が設置もしてくださる事になっています。

ですが、主催者側の方で用意しているのは21cmまでの高さの足台。

それでは高さが足りないなどの理由で持参する足台を使用したい場合は、保護者または指導者が設置しなければならないのです。

 

このように、場合にもよりますが出演者側でピアノ足台を用意し設置しなければならないことは多々あります。

ピティナのピアノステップでも、準備が必要な場合がありあます。

 

www.nijinomama.com

  

足台設置手順

  1. 演奏者(子ども)のあとにすぐに続いて、舞台袖から出ていく
  2. 演奏者(子ども)がお辞儀をしている間に、足台を設置
  3. 演奏者(子ども)に座ってもらい、高さ・位置を確認
  4. 大丈夫であれば、そのまま舞台袖へ

 

足台設置時の注意点

もたもたしない!

演奏者(子ども)がお辞儀をしている間に、さっと足台を置きます。
椅子の高さも忘れずにチェックしましょう!
コンクールでは、スケジュールがとてもタイトなので、もたもたすると審査員に悪い印象を与えます。それが得点に結びつくわけではないですが、スムーズな進行のためにも、さっと機敏に動きましょう!

 

確認すべき点を忘れずに

椅子の高さは大丈夫か。ちゃんと足台は正面にきているか。冷静に確認して設置しましょう。演奏者が座って正面を確認し、OKの目配せをもらったら、すぐにその場を離れます。

 

お尻を客席に見せない

一連の動作のなかで、客席にお尻をみせないように動きましょう!

 

お辞儀はしなくてOK

ステージ上へ上がるので、ついお辞儀をしたくなりますが・・・お辞儀はしないでおきましょう!それより、さっとその場を離れたほうがスマートです。

 

演奏後、忘れずに足台を取りに行く

子供の演奏が終わると、ほっとして忘れてしまわないように!
きちんと最後は足台を回収にいきます。
タイミングは、子供が椅子から降りたら即取りに行き、お辞儀を終わった子供のあとにさっと付いて行けるようにします。

 

服装

カジュアルでなければ、ドレスやスーツでなくても大丈夫。
落ち着いた色合いの服が望ましいです。

足台を設置するので、パンツスタイルがおすすめです!
白かベージュのブラウスに、黒のパンツなども良いですね。
もちろんスーツでも構いません。

ただ1つだけ、絶対に守らなければならない服装のルールがあります。

それは、靴はコツコツ音がするものは絶対に避けること!ということです。

 

主役はあくまでも演奏者なので、目立たない落ち着いた服装で臨みましょう! 

 

 

↓↓合わせて読みたい

www.nijinomama.com

 

 

www.nijinomama.com