ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

「このままではコンクールで入賞は難しい」と伝えられました【今後のピアノ練習について】

こんにちは!虹です。

 

4歳次男、ピアノのバッハコンクールの本番まであと1ヶ月と少し。

そんな中、今週のレッスンで、ピアノの先生から言われてしまいました。

「このままだと、正直、コンクールでの入賞は難しいですね・・・」

 

そうだと思っていたものの、改めて言われて少しショックでした。

ちなみに、子どもには聞こえないように親にだけ言っています。

 

ところで、今回のレッスンはいつもの個人レッスンではなく、同じ年齢ほどの子ども3人の合同レッスンでした。

いつもと違う刺激をもらい、たくさん学ぶことがあったので、ご紹介します。

 

f:id:nijinomama:20190923222620j:plain

少し大きめの部屋を借りたグループレッスン

今回はいつもの教室ではなく、公共の施設を借りてのグループレッスンでした。

音楽や演劇等の練習ができる、防音の部屋で、23㎡の広さ。

そこで、年代別にレッスンが有り、うちの次男4歳は、3人でのグループレッスンでした。

ピアノはグランドピアノ。

部屋が広いこともあり、いつもとは違う音と響き方。

先生と、他の保護者の方々もレッスンを見守ります。

そして人前で弾くという練習にもなるので、とてもよい経験にもなります。

 

3人が順番に弾いていき、それぞれアドバイスをもらいました。

同じ課題曲なので、それぞれにかけられるアドバイスすべてが勉強になります!

 

そして、同じコンクールを目指しているので、他のみんなの進捗状況がわかったこともすごく為になりました。

同じくらいのレベルの子がいて、ライバル心ちょっとメラメラです(母だけ。笑)

 

「このままだと、正直、コンクールでの入賞は難しいですね・・・」

この言葉は3人全員の母親に向けて、伝えられました。

でも、まだ時間はあるので、諦めませんよ!

 

今後の練習、大事なポイント

その1 テンポを最初から最後まで同じに弾くこと

テンポが早くなったり遅くなったりすると、それだけでバツが付きます。

テンポが変わらないように弾く練習としては、1,2,3と声を出して言いながら弾くことです。

また、両手を使う曲であっても、数えながら左手(右手)だけで弾く練習も良いそうです。

テンポ感を掴むため、大事な練習です。

もちろん、メトロノームを使っての練習もします。

 

その2 目標のテンポまでまだまだなので、早く弾くための練習をする

まだまだ曲の目標のテンポの速さまで届いていません。

ですが、下手なのにテンポだけ上げても仕方ありません。

まず、曲をパーツに分けて練習し、細かいところができたら褒める!

そして徐々に長く弾いて、徐々にテンポも上げていきます。

 

その3 指のかたちに気をつける

コンクールの審査員は、ちゃんと指の形まで見ているそうです。

1音1音、ゆっくり弾いて、指を止めてみて、形を確認してみることが大事です。

 

その4 歌いながら弾く

これは、以前も言われました。

www.nijinomama.com

  

ミスタッチを減らしたり、強弱を付けたり、ブレスの位置を確認したりという事でしたが、他にもありました。

歌うことで、テンポを早くする効果があるそうです。

ゆっくり歌いながら弾くのは苦しいですよね?

特に今回のコンクール曲はテンポが早めなので、テンポを早める意味でも歌いながら弾く練習が良いそうです。

右手で歌って左手で弾く、などの練習も効果的とのこと!

 

その5 朝一番に弾いたピアノの動画を撮るのがおすすめ

コンクールなどでは直前練習ができないので、朝一番に弾いたレベルが本番で弾けるレベルと考えられます。

動画を撮ることで少し緊張感を与えますし、後で振り返って反省材料にすることもできます。

このとき、お辞儀まで含めて動画を取り、チェックすると良いです。

 

おわりに

以上が、今回のレッスンで先生からアドバイスされたことでした。

今回受けた練習のアドバイスを聞いて、分かったことが1つ。

 

私は次男に対して、まだちゃんと弾けもしないのに「強弱」などについて注意しすぎていました!

順番を間違えていました。

まずは、テンポを守って弾くことが大事だったのです。

次男に、高いレベルを求めすぎていたんだと思います。

 

そのことが、最近の次男の「ピアノ嫌だ」発言につながっていたのかもしれません。

 

また今回次男は、いつもの個人レッスンより楽しそうに練習をしてくれました。

たまにこういった、同じ位の子供との練習の機会があるといいですね!

おかげで気分が変わったのか、その日の夜の練習は気持ちよく進めることができました。

 

これからは今回教わった練習方法を中心に、焦らず求めすぎず、楽しく練習していきたいと思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。