ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

ピアノ足台(補助台)を手作りしました!

こんにちは!虹です。

 

先日、ピアノの足台を手作りしました。

ピアノの足台は、小さな子どものピアノレッスンにとって、実はとっても大切なものなのです!

 

 

足台はなぜ必要か

小さい子供がピアノを弾くとき、そのまま椅子に座ると足がプラプラしてしまいます。

足がプラプラすると弾く姿勢が悪くなりますし、踏ん張れないので力が入らなかったりして、ピアノの演奏に悪影響が出ます。

それを防ぐために、足台が必要になるのです。

 

従事しているピアノの先生にも、必ず用意してください!と言われました。

 

足台を手作りする方法

足台、意外に高額です・・・(ノД`)・゜・。

とりあえず手作りしてみました。

 

材料

  1. 100均で手に入れた板・・・1枚
  2. 100均で手に入れた発泡スチロールのブロック・・・3個
  3. 100均で手に入れた(しつこい?)すべり止めのシート
  4. 両面テープまたはボンドなど
  5. ガムテープ
  6. 家にある要らない雑誌・・・数冊

 

作り方

①板に発泡スチロールのブロックを、写真のように両面テープまたはボンドで貼り付けます。

f:id:nijinomama:20190717073103j:image

f:id:nijinomama:20190717073116j:image

 

②要らない雑誌を何冊かまとめ、写真のようにガムテープでぐるっと留める。その時、片側にすべり止めシートを付けておく。これをいくつか作る。

f:id:nijinomama:20190717073142j:image

f:id:nijinomama:20190717073146j:image

 

③まだまだ高さが足りない場合は、段ボールにすべり止めを付け、ガムテープで写真のように補強する。(雑誌で足りる場合は雑誌だけの方が良いです)

f:id:nijinomama:20190717073211j:image

 

④これらを重ねる。組み合わせることで、高さ調整となる。

f:id:nijinomama:20190717073219j:image

 

こんな感じ(*'▽'*)

 

結構しっかりしていて、体重約15キロの次男が乗っても問題なしです!

 

間にすべり止めをかませることを忘れずに(*^^*)

段ボールだけなどは全く強度がないので辞めたほうが良いです(体験談)

 

手作りしてみたものの、将来的には購入が必要??

この手作り足台で現状満足はしているものの、コンクール等への参加を考えている場合は、きちんとした足台(補助台)が必要になります。

コンクールでは、足台をこちらから持参しなければならない場合もあります。

借りることができる場合でも、当日の高さ調整などに不安も残りますよね。

 

そこで、おすすめの足台についてご紹介します。

 

足台(補助台)の種類は2種類!
  • 足をささえる台だけの役割 = 足台(補助台)
  • ペダル付きの足台 = 補助ペダル

 

のちにペダルの練習をするなら補助ペダルの購入を!

とりあえず安価に足台を用意したい場合は、足台(補助台)を選びます。

 

足台(補助台)と補助ペダルの両方について、それぞれおすすめの商品をご紹介しますね!

 

足台(補助台)

おすすめ1 

安心の吉澤製(日本製)です。 
無段階調整なので、ピッタリのサイズに調整できます!
高さは12~22cmです。
身長が120cm前後であれば十分対応できるサイズです。
 
ちなみに我が家の4歳次男、まだ103cmほど。
その場合は、補助ペダルのほうが対応できるものが多いようです。  

補助ペダル

おすすめ2

日本で長く愛される補助ペダル。
26cmまで高さがあるので、小さなお子様に最適です。
身長110cm前後の子どもなら安心して使えます。

ペダルも非常に軽いので、まだ力の弱い小さな子にも使いやすいものとなっています。

無段階調整式。

 

おすすめ3

昇降が14~28cmと幅広く対応しています。

お値段もお手頃価格。

カラーが黒のほか、白、原木の色、ローズウッド、大理石の紋様とバリエーション豊かです!

 

終わりに

簡単にピアノの足台(補助台)が作れるので、ぜひ試してみてくださいね!

ただ、本格的にピアノを習っていく場合は、ちゃんとした足台や補助ペダルが必要となってきます。

足台や補助ペダルを購入する場合は、高さ調整の仕方、高さの幅、本体の重さなどに留意して選ぶと良いですよ!

 

コンクール等での足台の設置についてはこちら

 

www.nijinomama.com

 

 フィットボードという選択もあります。

www.nijinomama.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  

業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!