ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!コンクールへも挑戦しています。

実録!幼児(4歳男の子)のピアノ練習時間

こんにちは!虹です。 

  • 子供にピアノを習わせたいけど、みんなどのくらい練習してる?
  • ピアノコンクールで入賞を目指す場合の練習時間は?
  • 練習時間の確保はどう工夫してる?

などなど、ピアノの練習時間に関する疑問ってたくさんありますよね!

 

そこで、我が家の4歳児の1ヶ月の練習時間について公開させていただきますヽ(^o^)丿
練習時間の確保の工夫や、それだけの練習時間でどのくらい上達したかなど、参考にしてみて下さいね!

 

我が家の4歳児、生活パターンなど

平日(月曜日~金曜日)は保育園へ通っていて、朝8時家を出て夕方6時に帰宅します。平日は夜9時には就寝を心掛けているので、時間的には厳しいです(ノД`)

習い事はピアノ教室のみで、現在は土曜日の夕方に通っています。

ピアノコンクールに挑戦していますが、出来る範囲で頑張るをモットーに、無理のない範囲で練習しています!

 

1ヶ月の練習時間(4歳10ヶ月)

ずばり、こちらです!!

f:id:nijinomama:20191212223924j:image

 2019年11月、トータル練習時間は13時間6分でした!!(ピアノ教室での練習時間を除きます。)

単純計算で、1日の練習時間は約26分になりますね!

 

エクセルシートに、毎日の練習時間を書き込んで、自動計算させました。

何日に何分練習したか、すぐに分かる表になっています。

ピアノを練習する際には、スマホのタイマーを使用しました。

 

練習時間の確保の工夫

表を見ていただいても分かる通り、1日になるべく2回練習を心掛けました。

1回の練習時間は約10分~20分。

幼児の集中力は「年齢+1分」と言われているので、一度に長く練習することは難しいです。

そこで、1日に2回練習することを習慣づけました。

我が家の場合、 

  1. 朝ごはん後、保育園へ行く支度が整ったら練習
  2. 晩ごはん後、練習

練習を始めるタイミングを決めておくことで、自然とピアノに向かう習慣がつきました。

時々、夕食が終わる直前などに「今日ピアノの練習やだ~~」と言い出すこともありますが、逆に言うと「今日もこの後練習しなければ」と理解しているということになり、ピアノの練習が「当然」になってきている事に、親としてはガッツポーズです!

また、1日のトータル練習時間が同じだったとしても、細かく練習の回数を区切ったほうが上達するとも言われています!集中力のない状態でだらだら練習するより、練習を細かく分けるほうが効果的な練習方法だと言えます。

 

反省点

時間に余裕のあるはずの土日にもう少し練習したいですね。

外出して疲れてしまったり、精神的にだらけてしまって、練習時間が少なめとなってしまいました。

 

練習の成果

4月からピアノを習い始めて8ヶ月。

この間に、『グレンツェンピアノコンクール地方予選」で銀賞、『日本バッハコンクール地区大会』で優秀賞を獲ることができました。

この2つのコンクールは比較的幼児にとってやさしいコンクールです。

『ピティナコンペティション』などへ挑戦する場合は、まだまだ練習時間が足りないと思われます。(課題曲も多く、レベルも上がるため)

 

同じピアノ教室に通う、1つ年下の保育園年少さん(女の子)は、うちの2~3倍の時間は練習しているようだと聞きました。集中力・やる気は個人差がありますし、また、目標もひとりひとり違うはずです。

その子その子に合わせて無理のない範囲で練習できれば良いと思います!

 

おわりに

ピアノの練習時間は、たくさん取れるほうが当然上達します。

ですが、集中力には限界があるので、だらだら1時間するよりも、30分を2回とするほうが、ピアノの上達には繋がりやすくなります。

ピアノの練習の最適な時間・・・それはその人(子供)によって違うので、マイペースを見つけることが大事ではないでしょうか。

我が家の練習時間を公開しましたが、参考程度にしていただいて、それぞれ最適な練習時間を模索してみてくださいね!

  

まとめ
  • 集中力には限界があるので、練習時間は短く、回数を増やす方が良い
  • 練習を開始するタイミングは、毎日同じにするのがおすすめ
  • 目標や性格によって、最適な練習時間は人それぞれ
  • 短い時間でも、毎日ピアノを弾くことが大事! 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 ★ピアノ教室の無料体験が見付かります♬ 

www.nijinomama.com