ピアノ男子の育て方@虹

4歳のピアノ男子を育児中!ピアノレッスンとそれを支える家族のおはなし。

中学3年生、2学期からの学習塾デビュー!【集団指導】と【個別指導】どっちにする?

こんにちは!虹です。

 

我が家の長男、中学3年生。

ずっと「塾へは行かない!」宣言をしていましたが、この度とうとう学習塾へ通うことになりました。

f:id:nijinomama:20190919160341j:plain

 

通う事になったのは、長男本人が「通おう」と心変わりをしたためです。

そして学習塾は「集団指導」を選択しました。

 

学習塾へ通うこととなった経緯、そして学習塾の「集団指導」「個別指導」のメリット・デメリットについて、さらには学習塾の概要についてお話ししたいと思います!

  

これまでの学習状況

中学3年生、1学期の現状

1学期いっぱいは、ずっと野球漬け(部活)の毎日でした。

勉強といえば宿題と、たまに進研ゼミ中学講座をやっているだけでした。

進研ゼミ中学講座は活用すればとても良い教材なのに、真っ白のページがたくさん(ノД`)

まったく勉強しないわけではないけれど、親から見れば全然足りない、そんな学習環境です。

そんなわけで、成績は「中の上」という感じ。

約100人(同学年だけで)居る田舎の小さな中学校で、良いときは20番台前半、悪いときは30番台後半という順位でした。

 

夏休みに入る直前、野球部の方は最後の公式戦に破れ引退。

ここで一度、「塾へ通うか問題」が発生しました!

 

長男、きっぱり「いやだ」と宣言。

理由は、

  • 親に塾へ無理に行かされてもやる気は出ない!
  • それより、家で自分のペースで勉強したい。

ということでした。

 

「ちゃんとやるから、見ててよ!」と、長男

一抹の不安を抱えながらも、その言葉を信じて応援するしかありませんでした。。。

 

中学3年生、勝負のはずの夏休み

さて、夏休みに入りました。

ここで早くも問題が勃発。

以前から気になっていたのですが、我が家の長男、「学習計画」を立ててくれません!!めちゃくちゃ大事なことなのに!!

長男曰く「計画通りにいった試しがないから無駄」とのこと。

わけがわかりません!!

「計画は余裕をもって立てて、多少遅れても気にしなくていいんだよ!」と伝えますが「計画がずれていくストレスを感じるのが嫌だ」と。

 

・・・この時点で、これはヤバいと思いました(汗)

ですが、長男「計画は立てないけどちゃんとやる、塾は嫌だ」の一点張り。

 

我が家は共働きのため日中の学習状況は確認できません。

ゲームやスマホには一定の制限をかけ、信じて見守る毎日が続きました。

 

宿題は当然きちんと終わらせましたが、プラスαの勉強がどれだけできたか、疑問です。

 

夏休み明けテスト結果

結論を言います。

ちょっぴり、下がりました。

学校の実力テストも、塾の模試も。

(このとき塾へは通っていませんでしたが、模試だけ申し込んでいました。)

 

母親としてショックだったのは、成績が下がったこともですが、本人があまりショックを受けていない様子なこと。

長男本人も、夏休みに頑張りきれなかった自覚があったのではないかと思います。

 

そこで、久しぶりに長男へ「塾へ通おうよ!」と言葉をかけました。

すると以外にも、長男あっさり「うん」と言いました。

説得するためのシュミレションをして身構えて投げかけた言葉だったので、拍子抜けでした。

 

長男も、何か夏休み前とは気持ちの変化があった模様。

この変化は夏休み前にほしかったところですが、まだまだこれからです!!

 

まずは学習塾の無料体験へ行くことにしました!

 

塾の「集団指導」と「個別指導」メリットとデメリットは?

学習塾は、大きく「集団指導」と「個別指導」タイプに別れます。

中学3年2学期からの塾デビュー、どちらが良いのでしょうか??

まずは「集団指導」と「個別指導」それぞれのメリットについてまとめてみました。

 

f:id:nijinomama:20190919160607p:plain


 

集団指導

【メリット】

  • レベルの高い講師の授業が受けられる
  • 考え抜かれたカリキュラムを計画的に学べる
  • レベル別のクラス分けが多いので、同じ学力の生徒たちで切磋琢磨できる。
  • 競争することでモチベーションが上がり、より高い学習効果が得られる場合もある

 

【デメリット】

  • 授業についていけない場合がある
  • 消極的な性格だと、先生に質問ができない

 

個別指導

【メリット】

  • わからない部分をちゃんと理解してから次にすすむなど、きめ細かにサポートしてもらえる
  • 先生に個別に質問がしやすい
  • 苦手な部分を重点的に学ぶなど、カスタマイズされた学習ができる

 

【デメリット】

  • 月謝が「集団授業」より高い
  • 先生と合わないと、続けることが難しい

 

選んだ塾の形態は

長男は、集団指導の塾に決めました。

メリット・デメリットを考慮した結果と、遅めの塾デビューであることから、集団指導が良いと判断しました。

周りのライバル達に刺激をもらい、カリキュラムをこなし、勉強の仕方も学んでほしいです。

「個別指導」は、特に学習意欲がない子の方が有効です!

 

無料の学習塾体験授業へ参加

とある地元の有名学習塾へ。

 

数学と英語は、レベル別にクラスが4つ。

国語、理科、社会は3つのレベルのクラスがありました。

 

そのうち、数学の無料体験授業を受けてきました。

レベル的には上から2番めのクラスを体験してきました。

 

授業の流れは、

  1. 前回の授業の理解度テスト
  2. 講義
  3. 例題
  4. 演習問題
  5. まとめ、テスト
  6. 宿題

という感じになっています。

 

体験授業を受けることは、講師の授業の仕方や内容をチェックすることが第一の目的ですが、自分のレベルにあったクラスを見つけるためにも大切です!

 

長男、数学だけはわりと得意科目でしたので、ちょっと物足りない内容だったようです。

というわけで、一番上のクラスにすることに決定!

順次、そのほかの科目も受けてきました。

 

終わりに

受験に、塾は必須ではありません。

ですが、

  • 勉強の仕方がわからない、計画を立てられない
  • 勉強のモチベーションがあがらない

という人は、塾へ通うことによって劇的な変化が見られるかもしれません!

 

いつか「塾へ通って良かった!」と思ってもらえるように、我が家の長男にも頑張ってもらいます!

 

受験まであと約半年。

受験生のお子さんとその家族のみなさん、頑張りましょう!

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。